どんとマイル ANAで陸マイラーが飛ぶ

ひよっこ陸マイラーがマイルを貯めて世界に飛び立つのを目指すブログです

海外のコンセント事情!変圧器、変換器とは?海外旅行で持って行くべきもの

こんにちは、テツです!

 

海外旅行に行く時コンセントの形状や電圧って気になりますよね。

f:id:tetsusmile:20161206123328j:plain

普段使っているコンセントプラグが海外で使えないとスマホやカメラのバッテリーが充電出来ず非常に困ると思います。

そんな時必要なのが変圧器や変換器と言われるものです。

それぞれ必要な場合と不要な場合があるので自分が行く先の国や地域に必要かどうかという判断をしていきましょう。

 

変圧器とは

 

変圧器とは、電圧を変更したい時に使います。

まず電圧の説明ですが、電圧は「V(ボルト)」と表記されます。

電化製品に貼ってあるラベルを見ると「定格電圧」や「入力(Input)」と書かれているところがあります。

ここに書かれている電圧で使用することが出来ます。

「定格電圧 100V」と書かれていたら100Vの国や地域で使用できます。

f:id:tetsusmile:20161206122604j:plain

ちなみに日本は100Vです。家庭にあるコンセントからは100Vの電圧が流れています。

なので100Vと書かれていたら日本でしか使用することが出来ません。

使用している電圧は世界で様々ですが日本が一番低く、100Vを使用出来る国は他に無いと思います。

 

この定格電圧100Vの電化製品を海外で使用しようと思ったら電圧を変更する為の変圧器が必要になるのです。

110Vや220Vという電圧から100Vに変更させないと使用できません。

 変圧器にも110~200V→100Vという風にモノによって変圧出来る幅があるので確認してから使う(購入する)ようにしましょう。

優秀なスマホやパソコンやカメラの充電器

 

スマホやパソコン、カメラの充電器のラベルを見てみると「入力」もしくは「Input」というところに「100V~240V」と書かれていることが多いと思います。

これは100V~240Vまでの電圧なら使用できるというものです。

そうです!なんと変圧器要らないんです。

f:id:tetsusmile:20161206122213j:plain

大概の国は110V~240Vの間なのでどこの国に行こうと普段使っている充電器が使用できます。

なので海外で電気を使うのがスマホやカメラの充電だけって人はどこの国に行く場合でも変圧器は不要です。自分の持っている充電器を確認してみましょう。

 

変圧器の注意点

 

変圧器には使用できる消費電力に上限があります。

ネットショップで変圧器を探してみると40Wまでとか120Wまでなどと表記されていてこれが上限になります。これを超えないようにしましょう。

Wとは、そう!あれです!中学校の頃習うワットのことです!アンペア×ボルト=ワットってやりましたね。笑

でも電化製品には電力(W)が表記されていることが多いのでラベルで確認しましょう。

熱を発する電化製品は非常に消費電力が大きくなるので注意が必要です。

ドライヤーなどは1200Wや1500Wくらい使うものが多いので旅行用の変圧器では使用できません。いきなりコンセントから煙が出たり爆発するかもしれないので気を付けてください。

f:id:tetsusmile:20161206122350j:plain

どうしてもドライヤーを持って行きたい場合は海外で使えるものが(110V~220Vなど)ネットで売っているのでそれを購入しましょう。日本で売られているものが海外用にも作られている場合があるので探してみるのもいいかもしれません。私が自宅で使用しているモンスター(ドライヤーの商品名)も海外用で販売されていました。

安いものは1500円くらいで見つかると思います。

 

変換器とは

 

変圧器はほとんどの人が不要だと思うのですが、変換器は必要になる場合が変圧器よりは多くなると思います。

変換器とはコンセントの形状を変更させる為のものです。

海外ではいくつかのコンセントタイプがあり、A、B、C、B3、BF、SE、Oなどがあります。

日本はタイプAのコンセント形状です。

なのでコンセントタイプAの国に行く場合には変換器は不要になります。

ちなみにAタイプの国は韓国、台湾、アメリカ、カナダなどがあります。1つの国の中でも数種類のコンセントタイプを持っている場合もあります。

 

ホテルは変換器不要!?

最近のホテルは海外からのお客様の為にいくつかのコンセントタイプを用意している場合があります。私も海外や国内のホテルを利用した際に複数違う穴の形状をしたコンセントを見たことがあります。

ひとつの穴で数種類をまかなっている万能なコンセントもあります。

こればかりは事前にホテル側に確認しないとわかりませんがコンセントタイプが違ってもホテルによっては変圧器もしくはいろいろなタイプのコンセントが用意されていることがあるのでホテルのみでしか使わない場合は聞いてみるのもアリですね。

 

海外モバイWi-Fiと同時にレンタル可能な場合も

 

レンタル会社によってはWi-Fiのオプションとして変換器もレンタル出来る場合があるのでこれを利用するのもいいと思います。

私は自分でなんでも買い揃えたいタイプです。笑

 

最後に

安全に海外で電化製品を使用するためにも変圧器や変換器は決められた使用方法や範囲を守るようにしましょう。

 

ちなみに、私の数少ない海外旅行経験では何の役にも立たないかもしれませんが…、

私は変圧器も変換器も持って行った事がありません。笑

コンセントタイプの違う国にも旅行していますが持って行きませんでした。完全にホテルに助けられています。だいたいホテルでスマホ、モバイルバッテリー、モバイWi-Fiを充電させて出先ではモバイルバッテリーを使うので問題ありません。

大容量のモバイルバッテリーがあればスマホWi-Fiも充電出来るので非常に便利です。

 それでは♪

 

tetsu-smile.hatenablog.com

tetsu-smile.hatenablog.com