読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんとマイル ANAで陸マイラーが飛ぶ

ひよっこ陸マイラーがマイルを貯めて世界に飛び立つのを目指すブログです

海外旅行の際に保険は入るべき?検証してみました!

f:id:tetsusmile:20170207125208j:plain

こんにちは、テツです!!

間もなく海外旅行が控えているのですが、その際海外旅行用の保険に入るべきなのか悩んだので保険内容やクレジットカードの自動付帯保険の内容などを調べてみました。

 

保険は入るべき? 

旅行する時に保険に入るか悩む方っていると思います。私もそのうちの一人です。

不安だし、とりあえずって感じで保険に入る方も多いと思います。

私も何度か海外旅行をしていますが毎回保険に入っています。

保険に入っとくだけでなんか安心できるんですよね!笑

ほとんどの方はそうだと思いますが、私は実際保険が必要になった事はありません。旅先で怪我をした、持ち物が壊れたなどなにか事件が起きなければ保険金請求などしませんからね。

 だから保険に入るべきなのかは個人の判断になってしまいますがこの記事を見て判断材料にでもなればいいなと思います。

 

保険内容

今回台湾に5日間の旅に行くのでこの日程での保険比較をしてみました。

まず料金は1540円から5000円弱までと割と幅がありました。

もちろん保険内容が同じわけでもありませんし、オプションなどを付けたら料金は変わってきます。

 

一番安くてオススメで出てきたのがジェイアイ傷害火災のたびほというプランです。

料金1540円で傷害死亡後遺障害1000万円、治療救援費用1000万円、疾病死亡1000万円、賠償責任1億円、携行品損害30万円です。

その他にも細かい付帯があります。たとえば手荷物遅延などです。

 

他の保険プランも料金は違っても補償金額などはあまり変わりません。

高いものでも治療費が上がるだけで他は変わらなかったりですね。

 

もし海外旅行保険に入るなら安いプランで十分だと思います。

 

クレジットカード付帯の保険

クレジットカードを持っていると自動で付帯してくる保険があります。

持っているカードの種類で内容も変わってくるので今回は私が持っているカード3種類で検証してみようと思います。

 

JCBゴールドカード

年会費1万円のカードです。このカードで支払った場合とそうでない場合とで保険金が変わってきています。海外旅行用の保険と比べると治療面では劣りますがそれでも十分な気がします。携行品にいたってはこちらの方が高いです。

 

f:id:tetsusmile:20170206200015p:plain

 

ANA ワイドゴールドカード

 

こちらは年会費15000円のカードです。

JCBより5000円上がっていますが内容は負けていますね。

 

f:id:tetsusmile:20170206200442p:plain

 

SPGアメックスカード

 こちらは年会費31000円の私にとっては高額なカードです。

なかなか高額な補償内容ではないでしょうか?でも賠償責任がJCBでは1億円ついていたのでその辺は差があります。

こちらの一覧はこのカードで支払った場合の保険金額です。このカードで払わない場合は全体的に補償額が少なくなり国内旅行と家族カードの補償が無くなります。

他のカードも旅行代金をそのカードで支払った場合とそうでない場合では補償額が変わってくる場合があるので事前に調べましょう。

 

f:id:tetsusmile:20170207121410p:plain

 

年会費無料カードはどうなの?

 

年会費を払っているカードはだいたい補償内容が充実しているものが多いですが年会費無料のカードはどうでしょう?

無料カードでも保険が付帯しているものもあるので是非調べて活用しましょう。

 

エポスカード

こちらは年会費無料のカードです。

無料カードなのにこんなに充実した補償内容になっています。

 

f:id:tetsusmile:20170207122346p:plain

 

カードを何枚か持っているけど補償は別々で貰えるの?

クレジットカードを何枚か持っている場合こういう疑問が出てくると思います。

全部の補償内容が合算出来たらかなりお得ですからね!

答えは全部は無理ですが一部は合算ができます。

傷害死亡と後遺障害は無理ですがそれ以外の補償内容は合算が可能です。

傷害死亡と後遺障害の補償は持っているカードの中で一番高額な補償内容が限度額です。

 

旅行保険とは合算できるの?

 

次に出てくる疑問がこれですね!

クレジットカード付帯の保険とは別に旅行専用で別に保険に入った場合は同時に補償内容を受けることが出来るのでしょうか?

これは受けられます。合算した補償内容が限度額となります。

こちらはANAカードの内容です。

f:id:tetsusmile:20170207123428p:plain

任意で入った保険であれば補償額を合計することが出来るのでかなり厚い補償内容となります。

 

クレジットカードの他の付帯内容

クレジットカードによっては他にも補償してもらえるものがあります。

飛行機が予定より遅れたり手荷物が届くのが遅れたりした場合の補償です。

飛行機が4時間以上遅れた場合に最大2万円まで飲食代やホテル代などを補償してもらえたりします。

これもカードによって内容が違うのでしっかり調べておきましょう。

 

まとめ

保険に答えはないと思うので最後は自己判断になってしまうと思うのですが私は今回任意の保険には入らずクレジットカード付帯の保険だけにしようと思います。

 

入ろうか悩んでいる方は、悩んでいる時点で入らなくても大丈夫だよなーって少しは思っている方だと思います。

もし保険は厚くないとって思っている方はそもそも悩んではいないと思うので。

なので自分の持っているカードと比べてみるのがいいと思います。

持っているカードの付帯内容では満足が出来なければ任意で別の旅行保険に入るのがいいでしょう。

 

少しでも保険に入る際の判断材料になれば幸いです!!

安全に旅を楽しみましょう!

それでは♪

↓こちらを押して応援お願いします!!

tetsu-smile.hatenablog.com

tetsu-smile.hatenablog.com